MENU

NEWS

Press Release

2020.12.4

「まほろ」を用いた自律細胞培養技術の開発に関する原著論文が発表

 高橋恒一 博士(理化学研究所・チームリーダー)らの研究グループより「まほろ」に関する原著論文が出版されました。「まほろ」と人工知能(AI)ソフトウェアを組み合わせることで、人間の手と頭を介さない自律細胞培養システムを開発したものであり、RBIからは4名が共著者に含まれます。

 本研究成果は、生物学実験の自動化による研究効率の向上、手法の標準化ならびに、遠隔実験・自動実験が要請されるコロナ時代の新研究スタイルの確立に資するものとして期待されます。


論文情報
雑誌名|SLAS Technology
題名|A variable-scheduling maintenance culture platform for mammalian cells
著者|Ochiai K, Motozawa N, Terada M, Horinouchi T, Masuda T, Kudo T, Kamei M, Tsujikawa A, Matsukuma K, Natsume T, Kanda GN, Takahashi M, Takahashi K
PMID|33269985

詳細は理化学研究所のプレスリリースをご覧ください。
▶︎ヒューマノイドロボットとAIによる自律細胞培養 -遠隔・自動実験によるコロナ時代の新研究スタイル-

  • Home
  • News
  • 「まほろ」を用いた自律細胞培養技術の開発に関する原著論文が発表